HOME

略歴

1948年長崎県生まれ。先祖は種子島藩の御殿医。
長崎大学医学部卒業、同大学院博士課程修了。
コーカサス地方の長寿村やスイスの自然療院で
自然医療を研究。

ヒポクラティック・サナトリウム所長を務める傍ら
東京のイシハラクリニックで漢方処方を中心とした
治療を行う。

生姜紅茶・ニンジンジュース・少食・体温めなど
独自の健康法を「おもいッきりテレビ」はじめ
各メディアで発信。

著書はベストセラー『生姜力』など270冊余。
米国、ロシア、ドイツ、フランス、中国、韓国
台湾、タイなどで100冊以上が翻訳出版されている。

近年の日本では、ガンによる死亡(毎年36万人以上)が激増し、心臓病や脳卒中などの成人病も猛威をふるっています。糖尿病や痛風、肝臓病、膠原病などをはじめ、さまざまな難病奇病が現代人を蝕み『寿命41歳説』という本まで出される有様です。

こうした現代文明病は、発見された時には手遅れというものも少なくありません。一方、何年も何十年も薬を使っている半健康人の方もたくさんいらっしゃるようです。

健康も病気も自分自身の問題ですので、病気になったときは外からの治療よりむしろ、身体の中に備わっている自分自身の治癒力を活かすことこそ重要です。それ以上に、病気にならない健康な体をつくることが更に大切です。

その意味で是非、年1~2回のニンジンジュースダイエットをされて体内を浄化し、病気を未然に防ぐ健康体を堅持されることをおすすめいたします。